• twitter
  • facebook

横浜トリエンナーレについてAbout us

概要Summary

横浜トリエンナーレは、横浜市で3年に1度行なわれる現代アートの国際展です。これまで、国際的に活躍するアーティストの作品を展示するほか、新進のアーティストも広く紹介し、世界最新の現代アートの動向を提示してきました。
2001年に第1回展を開催して以来回を重ね、世界の情勢が目まぐるしく変化する時代の中で、世界と日本、社会と個人の関係を見つめ、アートの社会的な存在意義をより多角的な視点で問い直してきました。

第1回(2001年)から第3回(2008年)までは独立行政法人国際交流基金が主催団体のひとつとして事務局機能を担い、現代アートを通じて日本と各国との文化交流を促すことを目的に事業を実施してきました。第4回(2011年)より運営の主体が横浜市に移行され、横浜美術館が主会場となりました。現在、当トリエンナーレは、横浜市の創造都市施策のリーディング・プロジェクトとして位置付けられています。また、文化庁からの支援を受け、ナショナル・プロジェクトとしての役割も担っています。

横浜トリエンナーレの基本的な考え方The Yokohama Triennale and Its Mission

■使命
横浜トリエンナーレは、我が国を代表する現代アートの国際展として、創造都市横浜の発展をリードするとともに、多様性を受け入れる心豊かな社会の形成に寄与します。
■目標

アートでひらく

ひらかれた現代アートの祭典として誰もが多様な表現に触れる機会を分野と時代を横断して提供し、世代等を超えた理解を促進します。

世界とつながる

ナショナルプロジェクトとして、横浜から新しい価値観と新たな文化を継続的に世界に届け、国際交流と相互理解に貢献します。

まちにひろがる

創造都市として築いている、横浜ならではのまちの力と一体的に推進します。

■行動指針
世界水準  次世代の育成  市民参加  祝祭性  賑わいづくりと経済活性化

組織Organization

横浜トリエンナーレは、横浜市、(公財)横浜市芸術文化振興財団、NHK、朝日新聞社、横浜トリエンナーレ組織委員会が主催しています。

横浜トリエンナーレ組織委員会
名誉会長 上田良一 (NHK会長)  
  林文子 (横浜市長) 【代表】
渡辺雅隆(朝日新聞社社長)  
委員 市村友一(朝日新聞社企画事業本部長)  
逢坂恵理子 (横浜美術館館長)  
佐々木建史 (NHK事業センター専任部長)  
澤和樹(東京藝術大学学長)  
澄川喜一 ([公財]横浜市芸術文化振興財団理事長) 【委員長】
高階秀爾(大原美術館館長)  
建畠晢(多摩美術大学学長)  
柄博子([独法]国際交流基金理事)  
中山こずゑ(横浜市文化観光局長)  
事務局
開催本部長 神部浩 (横浜市)
事務局長 堀江武史([公財]横浜市芸術文化振興財団)
事務局次長 帯金章郎(朝日新聞社)
柏木智雄([公財]横浜市芸術文化振興財団)
田中良憲 (NHK)
野田日文(横浜市)
プロジェクト・マネージャー 帆足亜紀([公財]横浜市芸術文化振興財団)
特別委員会
アーティスティック・ディレクター選考委員会
監事
ベイ・タックス税理士法人

(敬省略・会長、委員長は50音順)
2017.4.18 現在