横浜トリエンナーレ2008ブログ

ありがとうございました!

皆様、ご来場ありがとうございました。

79日間で306.633人の方に来ていただきました。

横浜各所で行われた「場踊り」や大巻さんのパフォーマンス、
リングドームでのイベントなどをいれると、
もっとたくさんの方にトリエンナーレに触れていただいたことと
思います。

「日常的な時空間を捨て、鑑賞すると、その中に没入することで
経験できる芸術体験、それが、時間のクレバス(割れ目)。

普通の時空間ではない場所へ行ってしまうということです。

沈潜すれば余韻が残る。

トリエンナーレを通して、今、生まれている作品の奥行き、
深さを感じ取ってもらいたいです。」

と、水沢ディレクターはトリエンナーレ、
またテーマについて話していましたが、
それぞれの「TIME CREVASSE」、
感じ取っていただけましたでしょうか。

さて、たくさんご応募がありました
最終日のオノ・ヨーコさんのレクチャー、《Passages for Light/光の道》。

_DSC1468.JPGのサムネール画像

内容は、映像鑑賞のあと、 オノさんへの会場からの質疑応答。

_DSC1572.JPGのサムネール画像

そして、最後はダンス!!

大盛況のうちに終わりました。

 

撮影:坂田峰夫

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ありがとうございました!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://yokohamatriennale.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/144

※トラックバック後、表示されるまでに1日程度かかる場合があります。